ローカリズム・ワインズ

Localism Wines

ローカリズム・ワインズ創業者のライアン・ノス氏にとって、ローカリズムとはワイン造りに欠かすことの出来ない要素(土地、気候、芸術、哲学等)を一言で表したもの。

ライアン氏はカリフォルニア州立大学サンルイスオビスポ校で生物科学の学士号を取得し、その後フレスノ州立大学でブドウ栽培とワイン醸造学の学士号を取得。現在はセントヘレナのカルトワイナリーとして知られるシネガル・エステート(Sinegal Estate)でワインメーカーを務めています。

 

ライアン氏はワイン業界で名声の高いデイビッド・エイブリュー氏、ミッシェル・ロラン氏、スタッグリン・ファミリー・ヴィンヤード(Staglin Family Vineyard)のフレデリック・ヨハンソン氏の他、ボルドー生まれの天才醸造家フィリップ・メルカ氏などと共にキャリアを積んできました。

過去10年のキャリアを通じて得たノウハウを元に、自身のブランドとして誕生させたのがローカリズム・ワインズです。

Localism Wines2.jpg
Localism Wines2.jpg
Localism Wines3.jpg
Localism Wines.jpg
Localism Wines2.jpg
Localism Wines3.jpg
Localism Wines.jpg