トルヒーヨワインズ

Trujillo Wines

コロラド州のロッキー山脈近くの牧場で育ったマイケル・トルヒーヨ氏は、幼い頃から牧場の仕事を手伝っていました。
その経験はあらゆる天候における作物の栽培方法を学ぶいい機会となり、その後ブドウの栽培とワイン造りのプロセスに繋がっていきました。

マイケルは1980年代初頭大学の春休みにナパバレーに小さなワイナリーを持つ友人宅に滞在。ラザフォードにあるセコイア・グローブ・ワイナリー(Sequoia Grove Winery)のブドウ園の植栽に携わったことがきっかけとなりワインの世界に入りました。その後彼はセコイア・グローブ・ワイナリーのワイン醸造責任者並びにワイナリー社長までも務めることになります。

そのマイケル氏が自身のオリジナルブランドとしてスタートしたのがトルヒーヨ・ワインズです。それらのワインはナパバレーの高品質なブドウをブレンドしたもの。

特に、彼のカベルネソーヴィニヨンは、34年以上もの歴史、知識、経験を加味したものであり、ワイン造りへの熱意と愛情が込められています。ちなみにファーストビンテージとなる2011年は販売後、すぐにソールドアウトになったことで知られています。

trujillo-trade-5-1.jpg
trujillo-trade-6-1.jpg
trujillo-trade-3-1.jpg
trujillo-trade-2-1_edited.jpg
trujillo-trade-7-1_edited.jpg
trujillo-trade-11.jpg
Trujillo Wines 2017 Cabernet Sauvignon_edited.jpg