ペレット・エステイト

Pellet Estate

トム・リナルディ氏は自身のキャリアをフリーマーク・アビー・ワイナリー(Freemark Abbey Winery)からスタートしました。 


その後、彼は1978年にダックホーン・ヴィンヤーズ(Duckhorn Vineyards)の初代ワインメーカーに就任。ダックホーンのメルローが世界的に有名となる立役者になり、就任から22年間もの長きに渡りダックホーンの醸造に携わったほか、更にはプロべナンス・ヴィンヤーズ(Provenance Vineyards)などの醸造も担当。
 

ペレット・エステートはセントヘレナという町の外れにあり、ブドウ園としては非常に長い歴史を持っていることで知られています。ナパバレーにおけるワイン造りのパイオニアの1人であるヘンリー・ペレット氏がこの地に移り住んだのは1859年。その後、1863年に彼はセントヘレナに45エーカーの土地を購入しブドウ栽培を始めた。
 

ペレットエステイトが造るフラッグシップワインのカベルネソーヴィニヨンには、歴史あるペレット・ヴィンヤードで栽培されたブドウが使用されています。

Tom_Rinaldi_1240x1858.jpg
Tom_Rinaldi_1240x1858.jpg
Eric_Risch_1240x1859.jpg
Pellet Estate2.jpg
Pellet Estate3.jpg
Pellet Estate.jpg
Pellet Estate.jpg