テラジナヴィンヤード

Terragena Vineyard

2008年、クリストファー・ブキャナン氏はニューオーリンズから現在のテラジナ・ヴィンヤードとなる場所に移住。当時このエリアは完全に未開拓で険しい森林に覆われた丘の中腹でした。その後、1年掛けて土地の特徴などを調査すると共にオフグリッドなワイナリーの建設に取り掛かりました。

クリストファー氏はオフグリッドとなる太陽光発電と給水システムを導入し、サスティナブルに重点を置いたワイン造りを行っています。テラジナ・ヴィンヤードはゼロから構築され、環境に負荷の掛からない方法でワイン造りという"芸術"を表現することを目指しています。


ワイナリーとなる建物の建設は2009年~2010年に行われ、建物には岩盤に囲まれた地下室があり完璧なワインセラーを完備。2013年にブドウの木を植えた際は、トレリスポストとドリッパーシステムを設置し手作業で植えるといったこだわりを経て、ブドウ栽培から醸造までを家族経営で行うほか、同じようなビジョンを持つ栽培農家からもブドウの供給を得てワインを醸造する小規模生産のブティックワイナリーです。

Terragena02.jpg
Terragena04.jpg
Terragena.jpg
Terragena02.jpg
Abbassi Vineyard 2017 Pinot Noir_resize.jpg
Terragena Vineyards Evolution Red_edited.jpg
Terragena Vineyards 2017 Chardonnay_edited.jpg