S.R.トネラセラーズ

S.R. Tonella Cellars

1906年のサンフランシスコ大地震によって崩壊した街の再建に従事するためスティーブの大叔父であるジョセフ・ポンティ氏がイタリアからサンフランシスコへやってきました。

その後、ポンティ氏はラザフォードのボーリュー・ヴィンヤード(Beaulieu Vineyard)で最初のワインメーカーを43年間務め、国際的に認められるナパバレー産カベルネソーヴィニヨンを造り出します。1939年には、1936年ビンテージのボーリュー・ヴィンヤードカベルネソーヴィニヨンでゴールデンゲート国際博覧会にて金メダルを獲得。

それ以降、カベルネソーヴィニヨンはラザフォードとナパバレーの代名詞のような存在になっていきます。
ポンティ氏の甥にあたるスティーブ氏の祖父であるルイ・トネラ氏は17歳の時にボーリューで叔父の仕事に加わり、そこで数年間働きました。
その後、ルイ氏はラザフォードブドウ栽培地域にあるポンティのブドウ園を受け継ぎ、その伝統は現在のスティーブ氏まで続いており、家族のレガシーと歴史が今も続いています。

現在の醸造家であるスティーブ氏は幼い頃から父と祖父の仕事を手伝いながらブドウ栽培や醸造を勉強。一方、大学卒業後はハイテク企業にてビジネスマンとして活躍し世界中を旅する日々を送りながらも、ワイン醸造を継承するという意志は強いものがあり、遂に2010年ビンテージにてその意志をワインを通じて表現することに。

​現在はナパバレーのほぼ中心に位置するラザフォードAVA地区にてテロアールを意識したプレミアムワインを少量生産にて造り出しています。

0207_resize.jpg
0334_resize.jpg
0112_resize.jpg
0023_resize.jpg
0136_resize.jpg
0283_resize.jpg
0173_resize.jpg